読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

25歳ニートが35万円で上京を企むブログ

ニートが上京をしてプログラマーを目指します。

料理できない人はプログラミングもできない

料理できない人ってレシピ本の通りに作らないから駄目なんだよね。

レシピ本「ここで10分蒸しましょう」

下手「10分じゃ足りなくない? 15分にしよう!」

とか

レシピ本「砂糖小さじ一杯です」

下手「それだと甘さ足りないでしょ! 2杯よ!」

とか

自己判断をしてレシピ本から反れていく。レシピ本の通りに忠実に作れば大失敗はないはずなのに、素人考えで適当なことをするからよくない。

これと同じ現象が俺のプログラミングでもよく起こる。

解説「herokuにnode.jsのアプリをデプロイする時はprocfileを作成しましょう」

盆「procfile?  俺には関係ないやろ」←無根拠

この手順をすっぽかしたばかりに相当嵌ったり、

解説「phpファイルを作成したらhtdocsに置きましょう」

盆「それってデスクトップに置いてもいいんでしょ?」

この自己判断のせいで「phpスクリプトが何故か作動しない!」と大騒ぎしたり。

 

料理がプログラミングに例えられる事も多いが、こういう共通点もあるんだなー。

いやー、守破離守破離