読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

25歳ニートが35万円で上京を企むブログ

ニートが上京をしてプログラマーを目指します。

旅人として暮らすにはどうしたらいいの?

 昨夜、以前使っていた転職サイトを再び開き、経歴を更新した。

 転職マーケットで、未経験のプログラマー志望だった俺が短期辞めプログラマーに転生した。

 正直まだ未経験の方が転職活動はやりやすい。未経験の場合は「ポテンシャルに期待」の育成枠での採用が強く期待できるが、短期辞めプログラマーは「一度挑戦して失敗した人間」の烙印が押されるからだ。

 

 といっても、流石人手不足のIT業界。わずか数時間で面接確約のスカウトメールが2通飛んできた。だが、全く心躍らない。一応、求人サイトに登録したのはいいが、もう俺は会社勤めをするテンションがないのだ。

 組織の中で働くには、あまりにも不向きな人間。

 俺が望むのは、旅人になること。

 自転車に乗って全国の街を巡る。

 気に入った街があれば、そこで宿を取ってプログラマーとしてお金を稼ぎ、しばらくすれば気の赴くままにまた旅に出る。その街々での出会いに心を躍らせたり、友情を育んで行きながらも、定住せず、全国各地の空気を楽しみながら毎日を送っていく。

 こんな人生を歩みたい。

 どうすればこんな生活が実現できるだろう?

 別にプログラミングを仕事にするのは絶対条件ではないが、肉体労働は気質的にあわないだろう。

 フリーランスプログラマー、ブロガー、アフィリエイター・・・・うーん、いいアイデアないかな。