読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

25歳ニートが35万円で上京を企むブログ

ニートが上京をしてプログラマーを目指します。

ケチをつけないと「指導」にならない

会社でも、学校でも、家でも、タイトルのように考えている人間はいる。

注意したり、指摘したりしないと指導者として名折れと考えている人間が一定数いる。かくいう俺もそうだった。

昔家庭教師で英語を教えていた頃。生徒が英文のライティングをしたから添削してくれって真剣な顔できた。どれどれ、と思って読んでみると、文法も、構成も、語彙の選択も指摘すべきところがない綺麗な英文だった。

普通は生徒がそんないい英文を書いてきたのだから喜ぶところだが、俺の内心は違った。

「やべっ、このまま『完璧だよ!』と帰したら、指導にならない。仕事してないことになるのでは。。」

教えることのない教師ほど悲しいことはない。だから、俺は無理やりに欠点を見出し、指導した。生徒は難壁をつけられたと思ったことだろう。事実あれは指導ではなく、ただケチをつけただけだ。

今ならもっと違う指導ができた。

「おっ、綺麗な文章書くじゃん。こんなに完璧に書かれたら自分が言うことがなくなっちゃうよ(笑)。この調子で頑張って! あとはとにかく分量を書くのが上達への近道だからさ。毎日少しずつでもいろんな英文を書いて、調子を維持して!」

みたいなことを言うと思う。

ケチをつけないと指導したことにならないと思っている人間はたくさんいる。ケチというのは悪い言い方か。悪いところを指摘しないと指導にならないと思っている人間がいる。

そういう人間は、学校でも、塾でも、会社でも、家でも、指導される側の悪いところを何がなんでも見つけてやるって感じで指導をする。

欠点を直していくばかりが、指導でも、相手の成長でもないのにだ。

 

そういうことをやってると「なんだこいつケチばっかしつけやがって」と思われ、信用は失墜する。逆に指導している本人は「神は細部に宿る。細かいところまで指摘する俺かっけー」くらいに思っていることもあって笑えるのだが。

じゃあ、ケチをつけない指導で何よ? って話だがまあいろいろあるよ。

長所を自覚させそれをさらに伸ばすように指示する、とかさ。ってか、指摘するところがないなら指摘しないでいいよ。その調子! でいいし、別の課題を与えるとかでもいいよ。

いやまあ、この点に関しては俺は別によき指導者でもなんでもないから、自信をもって「こうすべき!」ってのはないけどさ。

でも周りを見ててケチをつけるタイプの上司がどんどん部下を萎縮させているのを見て、しのびなくなったから。

萎縮させていいことなんかないからさっ。

 

 

see ya

人気記事

【GA文庫】ライトノベルの賞に投稿した話

アフィビジネスの洗脳力の高さについて

HIPHOP浮浪者 

シェアハウスは性が乱れてます。 

ピンク色のサロンで出したい白い液体よりも大切なもの 

処女厨とディズニーランドの関係 

25歳ニートが未経験で正社員プログラマーになれた秘訣