読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

25歳ニートが35万円で上京を企むブログ

ニートが上京をしてプログラマーを目指します。

「なるべく」「ならべく」どっちが正しい日本語か

「なるべく〜します」

「ならべく〜します」

正しい日本語はどちらかと問われれば日本人の読者には正答することはたやすいし、もし分からないのであればこのブログを読む前に「ごんぎつね」などを読んだ方がよい。

小学校の頃、家出をよくすることで有名な種本くんが作文を書いていた。

「なるべく頑張るようにします」

そのような一節があったように思える。俺は大笑いした。

「なるべくってなんだよ! なるべくって!」

と。

何故笑ったか。

実は俺は「なるべく」ではなく「ならべく」が正しい言葉だと思っていた。種本くんが誤用したと思った。だから、笑った。バカにした。笑い者にした。種本くんは「うるせえなあ」と流した。流した彼の気持ちはわからない。

しばらくした時、学校の先生が「なるべく〜してください」といったのを聞いた。その時は「え? もしかして、なるべく、が正しい日本語?」と気づいた。種本くんに申し訳ない気持ちになって、謝ろうと思ったが問題が起きた。

「なるべく」「ならべく」どちらが正しいかまた忘れてしまったのだ。感覚的には「なるべく」が正しい日本語だった気がする。しかし、自分の感覚は当てにならないので「正しいと思った方の逆」理論で「ならべく」が正しい日本語に思えた。辞書という言葉知らなかった。我が頭の辞書に辞書という言葉なしだった。

当時の俺は「なるべく」が使えないことに恐怖した。少し吃るようになってしまった。

もしかして、何かのタイミングで「なるべく」を使うタイミングがあって、その時に間違った方の「なるべく」もしくは「ならべく」を使ってしまったらと思うと、胸が苦しくなった。種本くんを笑った手前間違えるわけにはいかなかった。大げさかもしれないが、それが小学生なのだ。

そのうちに教科書で「なるべく」が使われている文章を見つけたことで俺はそれを解消した。正解をしった。分からなくなった時は教科書を読み返して「なるべく」が正答であることを確認した。

俺はなるべくを克服した。

そして、この文章を20数年経って綴っている。

しかし、今この瞬間念のためググってみたら「ならべく」という言い方をすることもあるらしいことがわかり、俺はまた月曜日から吃り始めるかもしれない。

人気記事

【GA文庫】ライトノベルの賞に投稿した話

アフィビジネスの洗脳力の高さについて

HIPHOP浮浪者 

シェアハウスは性が乱れてます。 

ピンク色のサロンで出したい白い液体よりも大切なもの 

処女厨とディズニーランドの関係 

25歳ニートが未経験で正社員プログラマーになれた秘訣