読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

25歳ニートが35万円で上京を企むブログ

ニートが上京をしてプログラマーを目指します。

桜を撮るのを我慢する。それだけでいい。

誰も読まないだろうけど、とにかく吐き出す。

去年の今頃、元カノと花見をした。

それまでの俺の人生では「桜」は苦しみの起爆剤だった。綺麗な桜とそこに集う人々を見るたびに、自分の孤独さが強調された。桜が放つキラキラした美しさは俺には美しさではなく、毒でしかなかったんだと思う。桜が綺麗であればあるほど、その裏にある桜の綺麗さを誰かと共有できない自分が濃く浮かび上がった。

冒頭に戻る。

俺は元カノと去年花見をした。

彼女と花見をする。そんな瞬間が俺にも訪れるなんて。どれだけ素晴らしい日になるのだろう。

そう思ったのだが。

花見当日は、雨が小降りで降ったあとだった。

遠方から、彼女は弁当を持ってやってくる。

その前に俺はブルーシートで場所取りをする。桜で有名な川沿い。満開に咲く桜と曇り空。人ごみ。あふれんばかりの人。

その中、スペースを見つけた。雨で濡れたぬめっとした地面に、ブルーシートを引くと少し気持ち悪い感じがした。試しにブルーシートに乗ってみると、小石が足の裏に刺さり痛かった。俺の頭にはその時点で「桜の下に集うキラキラした人たち」という像が消えていた。

しばらくすると、彼女が人ごみの中やってきた。

彼女に笑顔はなかった。もともと、無表情なんだけど。

そして、静かに花見は始まった。

とても寒かった。その中で、俺は彼女の弁当を食べた。寒くて、静かで、ブルーシートの座り心地が悪くて、俺が描いていた花見とは大きく脱線していた。

場が悪いせいか、話も弾まない。

俺は必死に「いやあ、桜綺麗だねえ」と花見の楽しさを強調した。

俺はなんとか自分の中の「花見をする=幸せ」という像を壊したくなかったんだと思う。だから、とにかくこの花見はいま順調に進んでるのだと自分に言い聞かせるように「桜綺麗だね」と言った。

 

事前に「お酒とかたくさん飲もうぜwww」とか言ってたけど、はっきりいってお酒を楽しく飲む空気などではなかった。

 

ふと彼女のかばんをみると、ちらりとお菓子が顔を出していた。そういえば、「お酒にはおつまみ必須っしょwwww」って俺がいったんだっけ。でも、お菓子食べようぜっていう空気でもないな。。と思い、お菓子は見ないふりをした。今思えば、これはダメな態度だったな。あの時の俺を殴りたい。

 

このまま綴ると無限に俺の暗い花見談義が続くので、時系列を現在に戻そう。

 

いま、桜が咲いている。

俺はその桜をスマホで収め、元カノに送りたい衝動に囚われている。

「桜綺麗だよ」

と。それだけを送りたい。だけど、それを送ってしまうと俺は一歩後ろに下がってしまう。せっかく彼女と連絡を取るのをやめたのに、ここで復活すると精神が後退してしまう。ふんばりどころなんだろう。でも、桜は残酷に咲いている。俺の事情を知らないのか、とても綺麗に咲く。

「僕の姿を写真に撮りなよ」と言う。その美しさを誰かと共有したい。できれば、愛する人に。

俺は綺麗さから目を背け、耐える。桜が散るまで耐える。そうしたら、もう何もない雨の季節だ。

 

下手な経験は低脳プログラマーを殺す。ボブサップ状態。

プログラミングに関して、昔はなんの知識もなかった。

俺のプログラミングの三大美徳は「動く、動く、動く」だった。

動けばいい。だから、何も考えずに思いついたままにコーディングができた。

だから、コーディングは経験年数の割に早かったと思う。

しかし、今は余計な知識、思想が入ってしまった。副作用だ、カプセルだ、拡張性だあ、インジェクションだあ、変数名だあ。他諸々考え始める。しかし、にわか低脳プログラマー盆二郎である。色々考えてやるが、時間をかけたことに見合った品質が担保されている気がしない。

これならまだ何も考えずべたーっと手続き型でやりたいことを書いていた時代の方がよかった気がする。

これがボブサップ状態ですよ。

ボブサップは最初、技術がなかった。ただ力任せに相手を殴った。それが強かった。しかし、下手に技術を覚えてから猪突猛進さが消え、強さがなりを潜めた。(まあ、目の怪我をした影響も大きい)

いや、僕はボブサップほどのパワーはないが。

ここから抜けられるのだろうか? 下手の横好きみたいな知識が、真に使える形にアウトプットされ、品質が上がる。ついでにコーディングスピードも上がる。

そんな日は来るのでしょうか?

今は仕事が遅いわりに、特別いいコードが上がってくるわけでもない、やばいプログラマーです。言い訳すると、クラスの分割、メソッドの分割がわりとハマってきて、少しはましにはなってきてると思うが。。

どう思いますか? みなさんはどういう成長曲線を描きましたか。


人気記事

【GA文庫】ライトノベルの賞に投稿した話

アフィビジネスの洗脳力の高さについて

HIPHOP浮浪者 

シェアハウスは性が乱れてます。 

ピンク色のサロンで出したい白い液体よりも大切なもの 

処女厨とディズニーランドの関係 

25歳ニートが未経験で正社員プログラマーになれた秘訣 

目標を持って生きる人間は鬱になる

俺は目標駆動型の生き方をしている。

何か目標を立て、それに向けて計画を立て、実行し、達成する。

プログラマーになりたいから、努力する。

上京したいから努力する。

彼女が欲しいから努力する。

目標があると燃える。張りがある。一般的にも目標を持って生きることが推奨されたりもする。

でも、それがなくなったら?

プログラマー→達成。

上京→達成

彼女作り→達成(振られた)

で、特にいまこれっていう目標はない。

日々のタスクをこなすだけ。生きること、生活をすること、すべてを目標を達成するために動いてきた自分としては、走っていく目標がなくなると走れない。

目標なんてなくていい。ただ日々の小さな楽しさとかそういうことを追求すればいい。そういう考えもある。

面白いゲームをやれて嬉しかった。

仕事で褒められて嬉しかった。

天気が良くて気持ちいい。

その一瞬一瞬の楽しさの強度を常に追い続けていたら、楽しい人生なんじゃないの、って思う。でも、俺は何か目指す先がないと張りがない。目標がないと。

毎日毎日仕事頑張って、彼女作り頑張って、筋トレして。

それがなんなの?

どこにも終着点はない。それは何ににも繋がらない。

ああ、意味を感じなくなるのは鬱の初期症状だよ。

でも精神科なんて役に立たない。

そういえば、精神科に寝坊して遅刻していったことがあった。

そうすると、「寝坊するのは薬が足りないから」って言われて、望んでもないのに新薬のサインバルタを出された。いや、まじで普通に寝坊しただけなんだけど。もらったけど飲んではないな。あんなもん。

お仕事にも身が入らず3時間はネットサーフィンしてる。意味が見出せない。

目的意識を持って生きろって言われても。

その目的がなかったらどうするのよ。ゴールテープはどこ。

人生にゴールテープはない。走って走っていつか死ぬだけ。はい、ゴールで〜〜す。なんて誰もいってくれない。死んだら無の世界。死ぬことがゴールだとしても、誰も記録はつけてくれない。ストップウォッチを持って、君は何位ね!完走おめでとうって誰も死んだ後に言ってくれるわけじゃない。何もない世界に向けて、何にも繋がらないことをやって、俺は死ぬ。死がゴールだとしても、そのゴールを祝福してくれる人はおらず。俺はただ無の世界にいく。

とてもとても疲れている。仕事は忙しくないけど。

常にイライラしてる。

この前も駅前で「全員○んでくれ」と大声で叫んでしまった。汚言症だよ。

仕事中も「○ね○ね」言ってる。止めたいけど、止まらない。

疲れた。最近夜眠れないし。

精神科にいくか。

そしたら、精神科医は薬のカタログを眺めながら、俺に薬を処方するだろう。育成ゲーム感覚で処方してんのかね。精神科の薬のカタログ見たことあります? ポケモンの攻略本みたいだよw

あーあ、疲れた。

いま眠れるかな。