25歳ニートが35万円で上京を企むブログ

ニートが上京をしてプログラマーを目指します。

映画を100本以上観たのに凡庸な人間

大学生の頃、読書を一心不乱にしていた時期がある。

古典、ラノベ、新書、、、、読書経験が少なかった自分にとってはどれもが新鮮だった。面白い作品に巡り合ったときは心臓がバクバクして眠れず、夜中の街を歩いていたりしていた。そういう読書体験を経るたびに、「俺の感性はまた一つ磨かれた」とほくそ笑んでいた。良い作品の体験が良い自分を作ると信じていたし、それが鋭い感性を持った己を作ってくれると思っていた。読書をすることで自分は高みに上って行っていると感じていたのだ。

そんな時期のある日、俺は大学の授業を受けていた。その授業は非常に退屈な授業で、誰もが内職をするか、寝るか、早弁をするかを選択しており、真面目に聞いている人などいなかった。

授業の講師は、その状況を変えるために雑談で気を惹こうと思ったのか、昔話を始めた。

「私は大学生の頃、映画マニアだったんですよ。毎日のように映画に通っていたし、見た映画の数は100本を優に超えていました。それでですね。。」

何気ない話なんだけど、俺は衝撃を受けた。

「え? あなたは大量に映画を見てたはずなのにそんなに凡庸な人間になっちゃったの?」と。

杓子定規な話、凡庸な言葉選び、スリリングさのかけらもない授業内容。凡庸な人間。

えええ。数多くの名作に触れてきたはずですよね? 時に涙をし、時には拳を握り、時には価値観を揺さぶられ。あなたの中にある、タランティーノ黒澤明を見た体験はどこに?? このつまらない授業をしている自分と映画体験とのギャップを感じないの??

小説や映画や音楽などの創作物が人を磨くという価値観を強く持った自分には、大量の名作を浴びても凡庸なままだった彼が不思議でならなかった。

俺はこんな奴みたいにはなりたくねえなと思って、嘲笑してその講師のことを考えるのを辞めた。

 

ってな話が昔あって、特にオチも何もないんだけど。当時の未熟な俺が感じたことなんで、そこはあしからずって感じで。

 

 

創作物が人を磨くっていう価値観は、今もわりと信じている部分はある(この話を深堀し始めるともう1記事始まる。)。

でも、結局凡庸の塊みたいに育った自分を思えば、あの講師を笑うことはできず。

磨くという価値観が誤っていたのか、磨いた結果ただの石ころができあがったのか。どうなんでしょう、みなさん。

インスタントに欲望を満たせるのもまた才能のうち

日曜は朝から酒を飲んで倒れていた。

退屈な休日は

「今日は、今一番やりたいと思うことをやろう。お金を幾ら作ってもいいからワクワクすることをやろう」

と思うのだけど、何も考えつかない。

「幾らお金を使ってもいいんだぞ? 何をしてもいいんだぞ? なんかやりたいことあるだろ?」

って自分を責めるんだけど、心から欲望の一滴も滴がこぼれ落ちない。そして、無駄に流れていく休日の帳尻を合わせるように酒を買い、飲み、寝る。一日が終わるときには「ああ、一日が終わった。来週はド派手なことをやってやる。。」と虚ろに思うのだけど、どうせ来週も何もないことはわかっている。

密室殺人、ピース。

人気記事

デートしたら2000円置いて帰られたんだけど

【GA文庫】ライトノベルの賞に投稿した話

アフィビジネスの洗脳力の高さについて

HIPHOP浮浪者 

シェアハウスは性が乱れてます。 

ピンク色のサロンで出したい白い液体よりも大切なもの 

処女厨とディズニーランドの関係 

25歳ニートが未経験で正社員プログラマーになれた秘訣 

KOK2017本戦の観戦記(結果 優勝GADORO)

KOK2017(KING OF KINGS)の観戦に行ってきたので、結果とか感想などをダラダラと書きます。

各バトルの細かいラインなどは覚えていないので、詳細な感想はamebaTVでバトルを見返してから書こうと思います。バトルの詳細な解説は偉い人がやってくれると思いますしね。

 

・バトル全体の感想

ラップがうまい人が多いね。当たり前だけど。バトルが強いというより、ラップがうまい。その結果、バトルが強い。

そんな風にお互いのレベルが高いから甲乙が付けがたいバトルが多かった。パンチラインを吐いたMCが勝つというより、ミスをした方が負ける印象だった。

あと、KOKはフロー巧者のMCが多かったと思う。ライミング重視、フロー重視、対話重視とバトルMCのタイプは色々あると思うけど、フローが今のブームなのかな。

 

○ふぁんく VS  ×pony

ponyは相変わらず聞き心地がいいラップはするんだけど、ふぁんくのスキルとユーモアが上回ってた印象。

ふぁんく「お前のラップは薬にも毒にならないくらい何にも残らない 「そんなラップでてっぺん取ったところで何が残るのかな」

ってところが核心をついてると思う。

 

○SIMON JAP VS ×FEIDA-WAN

2round目までは互角だったと思うけど、SIMONの「俺のサングラスは何かを隠すためじゃねえ スポットライトが眩しすぎる」って言った後、FEIDA-WANの返しが弱くてそのままもってかれた印象。だと思ったけど、延長。

延長では、FEIDA-WANが言葉に詰まったりして残念。100 VS 0で負けてしまったね。

ちなみに本当にスポットライトが眩しすぎて、何度もステージから目を逸らしました。。

 

○Base VS ×DragonOne

Dragon Oneの韻の連打も悪くなかったけど、レベルの高いKOK本戦の中では少し霞んだ印象。一方のbaseは相変わらずの草ネタ、下ネタ、おちょくりで聞いてて面白かった。base「相変わらずお前はラップの優等生 でもこのステージは発表会じゃねえ」

 

 

○GADORO VS ×NAIKA MC

個人的なベストバウト。一番声をあげたし、気分的にも盛り上がった。

NAIKA の声量でのごり押しとユーモアのあるラインが目白押し。

「お前のそのチマチマチマチマしたラップ 身長これくらいになるくらいまでブッ縮めに来たんだ」

「この前のダンジョンが布石だった? 適当なこと言ってんじゃねえぞ」

「てめえがバックスクリーンに投げ込めるわけねえだろ てめえはネクストバッターズサークルで屈伸でもしてろ」

NAIKA勝ったか??と思ったけど、ダメだったね。。延長の声も多かったけど。

この試合がKOKの分岐点だったね。NAIKAがここで勝ってたらそのまま優勝もあり得た。

 

○T-TANGG VS ×スナフキン

T-TANGGは嫌われすぎてちょっと可愛そうだね。

YOUTUBEのコメント欄の下馬評にFUCK」なんてことも言ってたし。でも、会場はちゃんと湧く所で沸いてたし、観客の声的には結構互角だった。審査員は満場一致でスナフキンだったけど。やっぱりスナフキンのお洒落だね。T-TANGGはわかりやすいけど、まあ審査員の皆さん的にはスナフキンなんだろうね。

 

黄猿VS ×MU-TON

ムートンは期待度が高まりすぎたのかな。悪魔とshall we danceレベルのものを期待しちゃうよね。

黄猿もムートンもフローが武器だけど、黄猿の方が内容に富んでてよかったかな。ムートンはフローの落とし所でうまく湧かせられなかった印象。

 

○句潤 VS ×CIMA

去年のこともあったし、自分はCIMAを応援してたし会場の空気もそうだったんだけど、とても残念。CIMAの調子がそこまで良くなさそうだった一方で、旬潤の調子が良かったね。

 

○MOL53 VS ×喰吐

喰吐のCDを直接買ったりして応援してたんだけど、これまた残念。喰吐以外にもKOKにはフロー巧者がいっぱい居るし、ちょっと聞き取りにくいしで、今回はダメだったね。そもそもMOL53かっこよすぎい。

 

○SIMON JAP VS ×ふぁんく

絶好調ではないとはいえ、ふぁんくのユーモア、ライミング、アンサー全て決まってたし、ふぁんくの勝ちか延長だと思ってたけど、SIMONの勝ち。観客の審査ではふぁんくの勝ちだったんだけどね。審査員の皆さんの意見が聞きたいですね。。(邪推すると延長にしようと思ってSIMONに票を入れたらそのままSIMONが勝っちゃったってパターンがあるかも。。)

 

○GADORO VS ×Base

GADORO絶好調。zebbraさんも言ってたけど、NAIKA戦でスイッチが入ったのかな。

後で聞くとBaseも悪くはないし、ブラックユーモアに富んでるんだけど、その場で上がれるのはGADOROだね。

 

スナフキン VS ×黄猿

どっちのフローもかっこ良かったけど、スナフキンの揚げ足取りとかワードセンスで一歩リードした感じだったね。

スナフキンの「足首なのか首を切るのかはっきりしろよ 俺は打ち首じゃなくて唇を切るぜ」とかのラインは揚げ足をとりつつもかっこ良かった。

 

○MOL53 VS ×句潤

これも両方かっこ良かった。でも、句潤のパンチが決まらなかった一方で、MOL53は自身のHIPHOPスタンスのかっこよさを示せていたから順当かな。

 

○GADORO VS ×SIMON JAP

因縁の対決。SIMONの懲役の話から始まって、お互いの人生観というかラップ観をぶつける戦いになってた。

途中までは互角かな?って思ったけど、

GADOROの「ダンジョンのとき言ったよな お前よりいい女抱いて金稼いでるって。 一年経って調子はどうだ? 今はお前より音楽で稼いでるぜ」ってラインが強かった。その後のSIMONは少し支離滅裂になってしまった。

 

○MOL53 VS ×スナフキン 

なんどもいうけどどっちもカッコイイ。MOL53の方が意味が通って、キャラに沿っていて、なおかつ恰好いいラインが多かったかなっていう印象。

 

○GADORO VS ×MOL53

勝戦。4回延長になったのかな。GADOROの自分の弱さをさらけ出していくスタンスとMOL53のストリートのスタイル。

確かにこの二人の実力も主張も互角だから、ここまで延長になるのも頷ける、が。。少し延長しすぎたかもね。。

勝負の決め手になったのはなんだろうか??

GADOROの方が少し分かりやすく情に訴えるようなラップをしていたからだろうか?

自分の中で結論は出ていないので、また後日見返します。

 

総評

面白かった!!

けど、実力が伯仲している同士だと案外ベストバウトってできにくいんだなっていう印象も受けた。

 

すいません、最後駆け足で。。今日は眠いからもう寝ます。。

 

 

yamanekun.hatenablog.com

 

人気記事

デートしたら2000円置いて帰られたんだけど

【GA文庫】ライトノベルの賞に投稿した話

アフィビジネスの洗脳力の高さについて

HIPHOP浮浪者 

シェアハウスは性が乱れてます。 

ピンク色のサロンで出したい白い液体よりも大切なもの 

処女厨とディズニーランドの関係 

25歳ニートが未経験で正社員プログラマーになれた秘訣