読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

25歳ニートが35万円で上京を企むブログ

ニートが上京をしてプログラマーを目指します。

【プログラミング】格ゲーの強キャラ使いの俺がphpをやってる理由

プログラミング雑談

昔は格ゲーの強キャラなんて絶対に使いたくなかった。

格ゲーだけじゃなくて、各種ゲームにおける、強キャラ、強武器、強職種、強カードは避けてきた。だって、強いキャラを使って優位に立っても、それはただのキャラ差であって、俺の実力じゃない。

「強キャラを使えば下手でも勝てる」

これが嫌だった。

でもそう考えるのは間違いだったんだよ。俺は強キャラくらいでちょうどいいんだよ。無能なんだから。

無能な癖に格好つけて、「弱キャラで工夫して勝つのが面白い」とか言ってたからね。

それで本当に勝てるならいいけど、弱キャラ使って勝ててねえじゃねえか!

かっこつけるな。まずは勝つことが一番大事なことだ。強キャラは俺みたいな無能のためにある。個々の能力差のバランスを埋めるためにある。

というのと同じ理由で俺はやっぱりphpを貫こうと思う。

「いやいやw 全然話のつながりが見えねえ」って思ってる人もいるとは思うが、まあまあ落ち着いて。

phpって相当馬鹿にされてるじゃないですか。もう馬鹿用言語みたいな感じで。

それが嫌で、pythonを勉強しようと思った。でも、

「強キャラは下手でも勝てる」のが嫌なのと「phpは馬鹿でもできる」のが嫌なのは一緒の心理じゃないかと。

落ち着け。馬鹿でもできる言語なら俺にお似合いじゃん。

変に小難しい言語をやろうとして背伸びして失敗するのは、俺が弱キャラを格好つけて使って負けるのと一緒のことじゃん。

馬鹿でもできる言語に甘えようと思う。少なくとも格好付けで、別言語に手を出す必要はない。もっと実力がついて、phpで実現できないことができたらpythonに手を出そう。少なくとも今の俺のレベルで、pythonじゃないと実現できないことなんてない。

phpを使っていて差別に苦しんでいるあなた。

いいじゃん。php楽じゃん。楽こそ神だよ。

もっと高いレベルになると、逆にphpじゃ楽できなくなるかもしれないけどね。

こんな記事書くと「PHP=強キャラ」みたいになってしまうのがあれだがw

別にそういう意味じゃないよ、楽できるっていう意味で強キャラって言ってるだけだよ。